LM・グローバル・プラス(毎月分配型)の分配金は?リターンは?

公開日: : 海外バランス型

レッグ・メイソン・アセット・マネジメントのバランス型投資信託「LM・グローバル・プラス(毎月分配型)」の分配金を含むリターンを検証してみました。

試算したのは、以下の4つのパターンです。

1.2010年9月の決算日に購入し、5年間分配金を受け取った場合のトータルリターン
2.2014年9月の決算日に購入し、1年間分配金を受け取った場合のトータルリターン
3.2010年9月8日から、5年間毎月決算日(分配落ち日)にドルコスト法で1万円ずつ積み立てた場合
4.2010年9月8日から5年間、毎月決算日のうち、初回購入分の分配金がすべて特別分配金になるときだけ1万円ずつ積み立てた場合

いずれも、いったん買い付けた投資信託はそのまま売却せずに持ちつづけている場合で、買付手数料は2.7%で計算しています。なお、売却時の信託財産留保額はかかりません。

SPONSORED LINK

2010年9月決算日に購入すると平均年14.1%

2015y09m21d_104936031

2010年9月の決算日に購入し、5年間分配金を受け取った場合のトータルリターンを計算すると、基準価額の差は 9531 - 6160 = 3371 円。 買付手数料 166 円を除くと 3205 円。

これに全分配金 1240 円を加算すると 4445 円となるので、運用利回りは 4444.68 ÷ ( 6160 + 166 ) ÷5年×100% = 14.1 %/年。

2014年9月の決算日に購入すると5.9%

2014年9月の決算日に購入し、1年間分配金を受け取った場合のトータルリターンを計算すると、基準価額の差は 9531 - 8981 = 550 円。 買付手数料 242 円を除くと 308 円。

これに全分配金 240 円を加算すると 548 円なので、運用利回りは 548 ÷ ( 8981 + 242 ) ÷1年×100% = 5.9 %/年。

2014年9月から2015年9月までの1年間ではほとんどの投資信託がマイナスになるのですが、このLM・グローバル・プラスはプラスになっています。

2010年9月から毎月定額を積み立てると、平均年15.0%

2010年9月8日から、5年間毎月決算日(分配落ち日)にドルコスト法で1万円ずつ積み立てた場合、総購入額600,000円に対し、2015年9月決算日時点でのファンドの評価額が770,744円、受取り分配金合計が54,402円で、年換算運用利回り15.0%。

5年間毎月1万円ずつの積み立てで、直近の分配金の受取額は1,600円ほどになります。

2015y09m21d_111110145

初回購入分が特別分配のみになるときだけ積み立てると、平均19.2%

4.2010年9月8日から5年間、毎月決算日のうち、初回購入分の分配金がすべて特別分配金になるときだけ1万円ずつ積み立てると、2011年夏から翌年夏にかけて買い付けることに。

2015y09m21d_111558925

総購入額120,000円、2015年9月決算日時点での評価額189,733円、受取り分配金合計18,361円、平均保有期間3.833年で、年換算運用利回り19.2%となりました。

2003年から運用の始まったファンドで、レッグメイソンの公式サイトによると設定来の騰落率とここ5年の騰落率がほぼ同じなので、もしその5年前からの5年間をシミュレーションするとほぼプラスマイナスゼロになると考えられます。

外国債券7割、外国株式3割のバランス型投資信託で、分配金そのものはあまり期待できませんが、手堅い投資信託のひとつといえそうです。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

りそな・世界資産分散ファンド (ブンさん)のリターンは?

りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行で販売されている、大和投資信託の「りそな・世界資産分散ファン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑