三井住友・豪ドル債ファンドの分配金を含む利回りは?

公開日: : 海外債券

三井住友アセットマネジメントの「三井住友・豪ドル債ファンド」について、分配金を含むリターン(利回り)を計算してみました。

シミュレーションしたのは、以下の4つのパターンです。

1.2011年1月5日に基準価額 8,166 円で購入し、5年間分配金を受け取った場合

2.2015年1月5日に基準価額 7,343 円で購入し、1年間分配金を受け取った場合

3.2011年1月5日から5年間毎月決算日(分配落ち日)にドルコスト法で1万円ずつ積み立てた場合

4.2011年1月5日から5年間、毎月決算日のうち、初回購入分の分配金がすべて特別分配金になるときだけ1万円ずつ積み立てた場合

SPONSORED LINK

いずれも、いったん買い付けた三井住友・豪ドル債ファンドはそのまま売却せずに持ちつづけている場合で、買付手数料は2.7%で計算しています。

1.2011年1月決算日に購入すると、5年間で平均年5.6%

2011年1月5日に基準価額 8,166 円で購入し、5年間分配金を受け取った場合を計算します。

基準価額の差は 5,972 - 8,166 = -2,194 円。 買付手数料 220 円もコストとして引くと -2,414 円。

これに全分配金 4,750 円を加算すると 2,336 円。

運用利回りは 2,336 ÷ ( 8,166 + 220 ) ÷5年×100% = 5.6 %/年

普通分配金の比率は66%ですが、この一年は9割が特別分配金です。

0122

2.2015年1月決算日に購入すると、-12.2%の二けたマイナス

2015年1月5日に基準価額 7,343 円で購入し、1年間分配金を受け取った場合は -12.2%で、分配金はすべて特別分配金。

2016年1月の段階で個別元本と基準価額の差が700円ほどあるので、基準価額がこのままだと仮定して分配金を受け取り続けると来年1月までの1年間もすべて特別分配になってしまいます。

もちろん、あくまで仮定の話なので、急回復した場合はあのときもっと買っておけばよかったとなるでしょうし、さらに下落した場合にはあのとき売っておけばよかったとなりますが・・・。

3.2011年1月から毎月積み立てると、年2.2%

2011年1月5日から5年間毎月決算日(分配落ち日)にドルコスト法で1万円ずつ積み立てた場合をシミュレーションすると

総購入額は5年間60か月で600,000円

2016年1月決算日時点での投資信託の評価額は470,920 円

受取り分配金の合計が 162,658円

騰落率5.60%

平均運用期間が2.5年で、年換算運用利回り2.2%

となりました。分配金を受け取らずに再投資した場合は

評価額が601,829円で、年換算運用利回り0.1%

一貫して下げているので、5年という短い期間とはいえ複利の力が逆に働いてしまっています。

直近の累積口数や受け取り分配金の推移は、下の表のようになっています。

0122b

4.初回購入分が特別分配のときだけ積み立てると、年4.2%

最後に、2011年1月5日から5年間、毎月決算日のうち、初回購入分の分配金がすべて特別分配金になるときだけ1万円ずつ積み立てた場合です。

0122c

2015年の夏以降は、毎月買い付けることになり、2015年12月買付分までで総購入額は 170,000 円。

2016年1月決算日での評価額は 143,014 円

受取り分配金の合計が 43,129 円

騰落率9.50%

投資信託の平均保有期間が2.24年で、年換算運用利回り4.2%

為替ヘッジなしなので豪ドルの為替の影響も受けますが、松井証券で10年のチャートをみると、50円台へ急落したこともあります。

0122d

72円あたりに指示線がひけそうではありますが、新規で買う場合は為替の底を確認してからとか、底を狙わずに時間を分散して少しずつ買うなどのリスク管理が大切になってきそうですね。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

野村インド債券ファンド(毎月分配型) のリターンを検証

モーニングスター“ファンド オブ ザ イヤー 2014” の高利回り債券型 部門(対象ファンド数:

記事を読む

MHAM 豪ドル債券ファンド(毎月) の分配金を含むリターンは?

日経新聞掲載名は「豪ドルM」という、みずほ投信投資顧問の「MHAM豪ドル債券ファンド(毎月決算型)」

記事を読む

野村テンプルトン・トータル・リターンDコースの分配金は?リターンは?

野村アセットマネジメントの「野村テンプルトン・トータル・リターンDコース」(日経新聞では「TリタD」

記事を読む

りそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コースのリターンを検証

2015年5月に50円減配になったもののそれでも250円という超高分配を謳う、損保ジャパン日本興亜ア

記事を読む

UBS世界公共インフラ債券投信(通貨選択型)円コース

UBSグローバル・アセット・マネジメントの「UBS世界公共インフラ債券投信(通貨選択型)円コース」の

記事を読む

オーストラリア公社債ファンド (オージーボンド)シミュレーション(2010年9月~2015年9月)

三井住友トラスト・アセットマネジメントの「オーストラリア公社債ファンド (オージーボンド」の分配金を

記事を読む

ゴールドマン・サックス 毎月分配債券F (愛称 : 妖精物語)を検証

愛称だけみるととても投資信託とは思えない(?)、ゴールドマン・サックス 毎月分配債券ファンド 『愛称

記事を読む

MHAM USハイイールドファンドのリターンをシミュレーション

みずほ投信投資顧問の「MHAM USハイイールドファンド(毎月決算型)」の分配金を含むリターンを検証

記事を読む

グローバル高金利通貨ファンド(愛称:プレミアムエイト)

三井住友アセットマネジメントの「グローバル高金利通貨ファンド(愛称:プレミアムエイト)」の分配金を含

記事を読む

BAMワールド・ボンド&カレンシ-・ファンドのリターンを検証(2010年10月~2015年10月)

ベアリング投信投資顧問の「BAMワールド・ボンド&カレンシ-・ファンド(毎月決算型) 『愛称:ウィン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑