トータルリターンなら、楽天証券の表が一番みやすい!

公開日: : 最終更新日:2015/07/20 ニュース, 投資信託

2014年12月から、投資信託の「トータルリターン通知制度」が始まります。

銘柄ごとに、買付金額総額を基準にしてどれだけ損益があるかを一目でわかるようにしたものが確認できるようになるというものと考えてよさそう。

「こんな単純なことが今までわからなかったの?」と思ったりしますが、分配金に税金のかかる普通分配と元返しの特別分配金の2種類があり、その金額割合も購入タイミングによって各人バラバラ。

SPONSORED LINK

そして、特別分配金がでるとその分だけ個別元本が下がるので、自分でエクセルなどで計算しようとしてもなかなか数字が合わせにくいです。

1万口といった口数単位ならばそれなりに対応もできますが、金額指定で購入している場合はその中に手数料が含まれると同時に口数が細かい数字を伴うため一層計算がむずかしくなります。

数回に分けて購入したりすると、いったいどれだけの人がきちんと管理ができているのかと心配というかあきれてしまうというか・・。

結局、持っている投資信託が利益が出ているのか損が出ているのかわからないという不思議な状況に陥ることも多くないのでは?

そこで(かどうかは定かでないが)登場したのが、トータルリターンという制度。

銘柄ごとに、現時点での時価と受け取った分配金(とすでに売却した分があればその金額)と買付総額の差を通知するというものです。

ちらっと見た日経新聞では、証券会社ごとに対応はバラけているよう。

ネットで探してみると、PIMCOの「トータルリターン」というファンドと、証券会社などが独自に出していた「トータルリターン」にヒットして、今回新たにできる「トータルリターン」はまだ非常にすくないです。

そんな中で、キラ星のごとく、非常にみやすいページを発見!

楽天証券のトータルリターン解説ページが、それです。

なんといっても、分配金や一部売却などを含む表が、とてもわかりやすいです。

動画による解説はまだ見ていないですが、ぜひみなさんも参考になさってください。

トータルリターンをアレンジしよう!

さて、そのトータルリターンですが、あくまで「差」でありパーセントではありませんし、保有期間も無視されています。

騰落率と同様、単純に数字が大きければよいというわけではありません。

そこで、単純に数字を比較できるように、トータルリターンを修正してオリジナルトータルリターンを作りましょう。

(分割して買うと難度があがりますが、)買付金額を基準に年何パーセントの利益が出ているのか、投資信託の保有期間(年)でトータルリターンを割り算してみて

トータルリターン年換算率(1年あたりのトータルリターン率)

を計算してみると、より冷静に持っている投信を見つめ直すことができるのではないでしょうか?

半年しか持っていないと0.5年で割ったりすることになりますが、簡単な計算なのでぜひ一度お試しください。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

no image

野村ドイチェ高配当インフラ関連株投信の決算日だ

高いと思われるところで買った野村ドイチェ高配当インフラ関連株投信米ドルコースが、きょう9月22日に最

記事を読む

no image

NIKKEI プラス10 AI投資信託とロボット・アドバイザー

6月30日のBSジャパン「NIKKEI プラス10」で、AI投資が紹介。 AI投資には、AI投

記事を読む

no image

ひふみ投信利回りは? 5年間毎月ドルコスト法で買い続けると・・・

毎月分配金が受けられる毎月分配型の投資信託に対し、年1回分配型の投資信託があったりするが、アインシュ

記事を読む

グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型) のリターンを検証

三菱UFJ国際投信の「グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型) 」のリターンを検証してみました(日

記事を読む

新規投資の投資信託の増え方がすごくない?

6月25日のモーニングサテライトで、新成長戦略のポイントについての解説がされていたが、 アベノミク

記事を読む

no image

年100万円からNISA非課税枠が増えるのか?

NISAの非課税枠は現在年100万円で、期間は最長10年間(1年では最大500万円)だが、その枠を広

記事を読む

no image

スイスフランショック、ユーロ建て投信が心配

シェールガス企業の破たんもびっくりでしたが、それ以上にスイスフランショックは想像を越えていた。

記事を読む

no image

ラサールグローバルリートとピクテ新興国を買い

NISA 枠は、底値で動きそうもない低位株を仕込んでおこうかと思っていたが、毎月分配型の投資信託が凄

記事を読む

MHAM J-REITインデックスファンドの分配金詳細(2009.9 ~ 2014.9)

毎月50円だった分配金が、突然6.4倍の320円になったみずほ投信投資顧問のMHAM J-REITイ

記事を読む

好配当グローバルREITプレミアム・ファンド 通貨セレクトコースは超人気だが・・

楽天証券やSBI証券などで、ともに売れ筋ランキングでトップ3に入る、損保ジャパン日本興亜アセットマネ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑