クジラの株買い続く? ひふみアカデミー2015.4

公開日: : 最終更新日:2015/07/20 参考動画・セミナー

ひふみ投信の3月の振り返りの動画がアップされています。

大型株がけん引する、ひふみ投信としては得意でない相場。
その中で最後の2,3日でTOPIXを逆転できて、映像から安堵感がこちらにも伝わってきます。

SPONSORED LINK

しばらくはTOPIXについていけばよい。短期的には大型株中心のほうが儲かるのではないかと思っているとのことですが、新規公開株(IPO)のショーケース・ティービーにも大きく投資していることを映像でも堂々と語っている。

オープンリーチのような

というその言葉から、強気というか確信の高さがうかがわる。正直さも伝わってくる。

クジラの株買い

後半のクジラの株買いの話がわかりやすく、また期待を膨らませてくれる。

クジラというのは、資金量の大きい投資家のことを指す。そのひとつにGPIFがある。
2014年末の国内株式比率約20パーセントを2015年10月までに25パーセントに増やすにはざっくり7兆円の買い。

くじらは実はGPIFだけではない。年金を運用している2階建の部分も年金の制度の一元化にあわせて、国内株式の比率を今後高めていくだろう。

ゆうちょ銀行の資産205兆。GPIFよりもさらに大きな資産総額をもっている。
かんぽも非常に大きな資産をもっているが、ほとんど国内株式に投資していない。
上場してより収益をあげていこうとなると、よりリスクをとって日本に投資していくのではないか。

ひふみ投信の戦略としては、中長期的な成長が期待できる割安株をメインにしながら、大型株の比率もアップしていくとのこと。

クジラの話だけでもとても参考になりますので、ご覧になってみてはいかがでしょう。

ひふみ投信

【参考1】ひふみアカデミー2015年3月の運用報告 ・・・ 動画で説明されている資料です。
【参考2】くじらのイラストはイラストポップさんのを利用しています。かわいいクジラありがとうございます。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

日興証券の日本株投資信託セミナーに参加

マイナス金利政策が実際に開始される直前に、日興証券のセミナーに参加してきました。 証券

記事を読む

新光US-REITオープンの運用報告と米国REIT市場見通しセミナー

野村證券で行われた「米国REIT市場の現状と今後の見通し ~新光US-REITオープンの運用報告~」

記事を読む

no image

ひふみ投信のセミナー

ひふみ投信が毎月の運用報告とともに、その後の経済や株式相場などの見通しについて語ってくれる「ひふみア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑