楽天ポイント投資信託購入の実際のやりかた

老後2000万円問題がクローズアップされるなか、ポイントを使ったり少額から投資ができるようになってきました。

楽天ポイントも1ポイント1円として投資信託の購入につかえるので、楽天市場や楽天トラベル・街中のツルハドラッグやマクドナルドなどで使うのは期間限定ポイントだけにして、通常ポイントは投資信託を買ってみることにしました。

このブログでは、入金ゼロの状態からスマホで実際に買い付けするやりかたを紹介します。

スポンサーリンク

楽天証券に口座を開設し、楽天スーパーポイントと連携

楽天ポイントで投資信託が買えるのは、当然といえば当然ですが、楽天証券です。

楽天証券の口座開設がまだの場合は、その手続きをすませましょう。

証券口座ができたら、管理画面から楽天スーパーポイントと連携させます。

スマホの操作方法

これから実際にスマホを使った、楽天ポイントを使った投資信託の買い付け作業のやりかたを紹介します。

実際に操作するときは、あらかじめどの投資信託を買いつけるのかなどを決めておくことになります。

YouTubeによる動画の解説もしていますので、よろしければそちらもご参考に。

楽天ポイントで投資信託を買ってみた

楽天証券(スマートフォン)にログイン

スマホでアクセスするには、スマートフォンに最適化された「総合トップ(スマートフォン)」をログイン先として選ぶのが良いでしょう。

入金なしでも買えます!

私の場合、まだ楽天証券を使ったことがなく、口座に入金もしていません。

「取引できるまで、あと少しです」という案内が出ますが、無視してちょっと脇をタップしてこの表示を消します。

全額ポイント払いの場合は、現金残高がなくても投資信託を買い付けることができます。

ファンドを探す(投資信託)をタップ

画面をスクロールして、「ファンドを探す(投資信託)」をタップします。

下の画像ですと、右上です。

買うファンドを決める

検索窓にファンド名(投資信託の銘柄名)を入力したりして、買い付けるファンドを探します。

はじめての方向けとして投信ロボアドバイザーのロボのぶくんというのがありますが、何を買っていいかわからない方は、YouTubeでいろいろな方が解説してくれていますので、まずはそちらをご覧になるほうが良いと思います。

今回実際に買い付けるのは、ゴールドマンサックス米国成長株集中投資ファンド毎月決算コース。

「米国成長」で検索すると、次のように表示されました。

さらに銘柄名をタップすると、GS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースの簡単な説明が表示されます。

買い注文画面を進みます

少しスクロールすると、黄色のボタンが2つ現れます。

定期的な買い付けではないので、左側の「買い注文」をタップ。

スイッチングの断り書きは素通り(投信でスイッチングをするなんて、たとえ半額になっても手数料高すぎ)。

目論見書を確認

続いて、目論見書を確認。

目論見書はファンドの説明書のようなもの。目論見書を見ずに買い付けるのは、買い物をするときに中身を確認しないようなもの?

補完説明書が出てきたので、それも確認をタップ。

買付金額を入力

続いて、買付金額を入力。

100円以上で入力します。

さらに「ポイント利用」をタップして、買い付けに利用するポイントを入力します。

このあたりの作業は、楽天市場・楽天ブックスなどでのお買い物などと同じですね。

ポイントが使われているかをしっかり確認しましょう(といっても、買付余力であるもともとの口座残高がゼロだと買えようがないですが)。

口座を選択

続いて、「口座選択へ」をタップすると、私の場合は「特定」か「一般」かを選べる画面に変わりました。

NISA口座を楽天証券に設定している場合は、おそらくNISAも選択できるはず。

分配金コース選択へ

口座を選択したら、最後に「分配金コース選択へ」をタップ。

分配金は受け取らずに再投資するか、受け取るかを選びます。

再投資するときは「再投資型」、受け取る場合は「受取型」を選びます。

「確認画面へ」をタップすると「口座区分、分配金コースについて今回の選択を次回以降利用する」かも含めて入力内容の確認画面になります。

約定日・受渡日も確認

確認画面には約定日や受渡日も表示されます。

約定日の大引けぐらいに注文が実際にできると思えば良いでしょう。

買い付けのときにはそんなに気にならないですが、受渡日も確認しましょう。

売却したときに現金化して実際にお金として引き出せるのは、受渡日からです。

取引暗証番号を入力

内容に誤りがなければ「注文」をタップします。

すると、取引暗証番号を入力する画面になります。

取引暗証番号を正しく入力すると、「注文の受付を完了しました」という画面になり、これで注文が完了です。

慣れないとちょっと面倒ではありますが、取引暗証番号を入力しなければ発注されないので、最小ポイントの100ポイントがあれば買うつもりがなくても途中まで練習しておくと良いかもしれません。

【まとめ】楽天ポイントで投資信託を買う方法

1.投資信託を選び、目論見書を確認する

2.買付金額を入力し、そのうちいくらをポイントで払うかを入力する

3.どの口座(特定口座?NISA口座?)で買うか決める

4.分配金を再投資するか受け取るか選ぶ

5.内容を確認したら、最後に取引暗証番号を入力する

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

ima311をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天ポイント投信&OneTapBUY米国株投資
タイトルとURLをコピーしました