東京海上・円資産バランスファンド(愛称:円奏会)の分配金を含むリターンは?

きょう、ある銀行に住所変更に行ってきたんですが、登録してある判子を間違えてしまいました。行員さんに指摘いただき、たまたま本物(?)も持っていたので無駄足にならず。事なきを得ました。

その銀行でも取扱いのある、東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(愛称:円奏会)の分配金を含むリターンを検証してみました。

バックテストしたのは以下の3パターンです。

1.2012年11月26日に基準価額 10,063 円で購入し、3年間分配金を受け取った場合のトータルリターン
2.2014年11月25日に基準価額 11,789 円で購入し、1年間分配金を受け取った場合のトータルリターン
3.2012年11月26日から3年間毎月決算日(分配落ち日)にドルコスト法で1万円ずつ積み立てた場合

いずれも、いったん買い付けた投資信託はそのまま売却せずに持ちつづけている場合で、買付手数料は1.62%で計算しています。

スポンサーリンク

2012年11月26日に購入すると、年平均7.7%

1217

購入日と2015年11月決算日との基準価額の差は 11,782 - 10,063 = 1,719 円。

買付手数料 163 を引くと 1,556 円となり、これに全分配金 810 を加算すると 2,366 円。

よって、運用利回りは 2,366 ÷ ( 10,063 + 163 ) ÷3年×100% = 7.7 %/年。

買い付けて4か月ほどで10パーセント以上上昇した分が大きく貢献している。

2014年11月25日に購入すると1年で1.4%

1年間の基準価額の差は 11,782 - 11,789 = -7 円とほとんどかわらず。

買付手数料 191 を引くと -198 円。

これに全分配金 360 を加算すると 162 円。

運用利回りは 162 ÷ ( 11,789 + 191 ) ÷1年×100% = 1.4 %/年。

毎月30円分配なので、年間360円。利益3パーセントに対し買付手数料がその半分かかったと言ってよいでしょう。


スポンサーリンク

3年間毎月決算日に定額積立を実行すると、年平均4.3%

2012年11月26日から毎月決算日に1万円ずつ購入したとすると、総購入額360,000円に対し、2015年11月24日時点での投信の時価は367,223円。

3年間で受け取った分配金合計が15,760円。年換算運用利回りは4.3%。

3年間毎月1万円ずつの積み立てで、直近の受取り分配金は900円ほど。

1217b

日本債券70%、日本株式15%、日本REIT15%を基本とするリスクを抑えた戦略なので、安全志向の強い運用を望むならば悪くないのでは?

「円奏会」という愛称は、なかなかこの投信のことを上手に表しているように感じます。

【2016年4月追記】マイナス金利導入で債券比率の高いこの投信どうかなと持ってもいないのに心配していましたが、今のところは影響がないのか安定していますね。

多くの投資信託は、金融機関によって手数料が異なりますが、この「円奏会」はそもそも取扱い金融機関が多くなく、SBI証券や楽天証券でも手数料がかわらないので、10年で償還を迎えてしまいますがどこで買うか迷うということはなくなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク