アムンディ欧州ハイイールド債券ファンド(トルコリラ)分配金詳細(2011.11 ~2014.11)

公開日: : 最終更新日:2015/07/20 投資信託

アムンディ欧州ハイイールド債券ファンド(トルコリラ)の分配金を調べてみました。

設定されてからまだ3年しか経っていないファンドで、ヨーロッパのハイイールド債(高利回り債/投機的格付債)が主要な投資対象です。

2011年11月8日に買って翌月から3年分配金を受けた場合と、2013年11月8日に買って1年間分配金を受けた場合です。

SPONSORED LINK

2011年11月決算日8日付けで9823円で買った場合

2014y11m24d_201052857

2014年11月10日の基準価額は9333円なので、基準価額の差は-490円。

この間の分配金合計6950円。運用利回りは、年21.9パーセント。

普通分配金比率も89パーセントあるが、分配金が250円になるまでの貯金が利いているといえなくもない。

2013年11月決算日8日付けで10694円で買った場合

分配金は1年で3000円あったが、2014年11月10日の基準価額が9333円なので、基準価額としては約1300円下落。

普通分配金合計は1386円で、分配金全体に対する普通分配金の比率は46.2パーセント。
この1年は苦戦。半分が元本払戻金(特別分配金)です。

それでも運用利回りは15.3パーセントと依然高水準。

3年間毎月1万円ずつ積み立てるとどうなる?

2014y11m24d_202657810

1回だけ買い付けるのではなく、毎月定額を買い付け続けるとどうなるのかをシミュレーションしてみました。

3年間毎月1万円ずつ積み立てると、総購入額36万円に対して時価は31万461円、分配金の合計が13万6460円。

平均して1.5年ホールドしているので、年換算利回りは16.1パーセント。

分配金を受け取らずに再投資していると、期中基準価額の高いところが多いこともあって、総購入額36万円に対して時価42万6809円で、年換算利回りは12.4パーセント。

基準価額が安いときだけ買うように、3年前に買ったときの配当金が特別分配金になるときだけ購入したとすると

2014y11m24d_203245913

総購入金額5万円に対し、時価4万8300円。分配金合計が2万2050円。平均保有期間が1.82年なので、年換算運用利回りは22.4パーセント。

豪ドルコースだとどうだったか?

アムンディ欧州ハイイールド債券ファンド。2014年11月24日(月)の段階では、トルコリラコースの基準価額が9768円で直近分配金が250円、豪ドルコースが10279円で直近分配金が230円。

かつてシティバンクの外貨預金で当時の高金利通貨であった豪ドルやタイバーツで痛い目にあった私には高金利通貨に乗る気はサラサラないので、トルコリラコースよりも豪ドルコースのほうが気になる。

豪ドルコースもトルコリラコースとまったく同じ条件のもとで検証してみました。

豪ドルコースを3年前、1年前に購入した場合

2014y11m24d_203915720

過去3年では年20.6パーセントの運用利回りがあるが、過去1年では半分が元本払戻金(特別分配金)で、運用利回りは11.6パーセント。

毎月積み立てた場合のシミュレーションも、豪ドルコースのほうが若干パフォーマンスが落ちる結果になった。

この1年の為替チャートを比較してみると

トルコリラ/円のチャートは

2014y11m24d_204849476

豪ドル/円のチャートは

2014y11m24d_205103763

直近は円安のためにどちらも昨年より円安になっていて、そんなにパフォーマンスが変わらない感じ。

ただ、7月に調べたときは、トルコリラは

2014y08m09d_124219510

と1年前の左端にくらべて下がってきている一方、豪ドルは

2014y08m09d_124131795

上昇していて、このときは直近1年では豪ドルコースのほうがトルコリラコースの1.6倍のパフォーマンスをあげていた。

為替取引についてアムンディの公式サイトなどで見てはみましたが、正直よくわかりませんでした。

このアムンディ欧州ハイイールド債券ファンドに限らず通貨選択型のファンドを選ぶ際には、長期的な為替動向にも留意が必要といえそうです。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

高金利先進国債券オープン(月桂樹)、直近5年及び1年のリターン検証

日興アセットマネジメントの投資信託、高金利先進国債券オープン・愛称「月桂樹」 モーニングスター

記事を読む

毎月分配型投信は買う前に、毎月決算時の基準価格の推移をみよう

ラサールグローバルリートファンド(ラリート)に続いて、ピクテ新興国インカムファンド(新興イン)も決算

記事を読む

グローバルソブリンオープン(グロソブ)の分配金詳細(2011.7 ~ 2014.7)

グロソブの愛称で呼ばれることの多い国際投信投資顧問のグローバル・ソブリン・オープンの普通分配金と元本

記事を読む

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)のリターンを検証

価格.com の投資信託ランキングをはじめ、楽天証券やマネックス証券などでも人気上位の、ラサール・グ

記事を読む

新規投資の投資信託の増え方がすごくない?

6月25日のモーニングサテライトで、新成長戦略のポイントについての解説がされていたが、 アベノミク

記事を読む

no image

ピクテ新興国インカムファンドの決算日がきた

6月10日は、ピクテ新興国インカムファンド(毎月決算型)の決算日。 夜にピクテのホームページを

記事を読む

投信の基準価額は新聞よりネットが更新時間も早くて簡単

投資信託の基準価格は、日経新聞の朝刊などに載ってはいますが、 投資信託の総数が多く、ま

記事を読む

ハイグレード・オセアニア・ボンド(愛称 杏の実)のシミュレーション(2009.11 ~ 2014.11)

大和投資信託の国際債券型投資信託・ハイグレード・オセアニア・ボンド(毎月分配) 『愛称 : 杏の実』

記事を読む

DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) のリターンを検証 (2009.11 ~2014.11)

DIAMアセットマネジメントの国内リート投資信託DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 『

記事を読む

no image

日本株アルファ・カルテットのリターンを検証

SBI証券でも楽天証券でも、投資信託ランキングのトップ3にランキングされている、大和住銀投信投資顧問

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑