住信SBIネット銀行のハイブリッド預金金利が0.03%に

SPONSORED LINK

日銀のマイナス金利政策で一瞬だけ円安になったが、外部環境もよくなく円高が進行。即座に大和がMMFの募集を停止し、高金利を謳っていたネット銀行も新規停止に。

新発10年債利回りもマイナスというニュース速報をみて、ようやく思い出したのが、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金。

さっそく、公式ページで確認してみると・・・

SPONSORED LINK

0209b

2月8日に0.03%に変更になっていた。

というか、当然といえば当然だがその前にすでに0.05%になっていた。

今となっては、もともとの0.1%というのが高すぎだったかな?

【参考】金利のご案内 – 円預金|住信SBIネット銀行

スポンサーリンク

楽天銀行マネーブリッジはまだ0.10%

住信SBIネット銀行とSBI証券の連携口座がSBIハイブリッド預金なら、楽天証券と楽天銀行の連携口座がマネーブリッジ。

楽天銀行の出金方法が良い気がしなく楽天証券の口座も解約していて、ここ数年全くみていなかったが、利率を確認しに行くと

0209c

おおっ!依然として0.1%。やるね>楽天さん

【参考】定期預金や外貨預金の預金金利|楽天銀行

イオン銀行イオンカードセレクトは0.12%

SBIや楽天は銀行口座と証券口座の連携だが、イオン銀行は銀行口座とクレジットカードを連携した(?)イオンカードセレクトの普通金利が優遇されている。以前は0.2%だったが改めて確認してみると

0209d

0.12%に。優遇分の金利の大きさが際立つようになってしまっていますねぇ。

【参考】イオンカードセレクトをお持ちの方の普通預金金利を上乗せ |イオンカード|イオン銀行

いずれも、普通預金なのであわてて預金しても金利は変わらないが、このあとどのように変化していくかもあまり関係ないかなぁとも思うが少し気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク