ピクテ新興国インカムファンドの決算日がきた

SPONSORED LINK

6月10日は、ピクテ新興国インカムファンド(毎月決算型)の決算日。

夜にピクテのホームページをみると、6月10日の基準価格がすでに公表されている。

4170円で前日比-76円。そして分配金が75円。

SPONSORED LINK

ということは、分配金がなければ前日比マイナス1円というになるのかな?

先日4194円で約定した分は、普通分配金と元本払戻金はそれぞれいくらになるのかな?

想定しておくほうが勉強になるのだとうけど、ちょっと頭がついてこないので、実際に分配金のお知らせが到着してから見直すことにしよう。

【追記】6/12

2014y06m12d_191355921

分配金のお知らせがきたので、ピクテ新興国インカムファンドの今回の明細を確認してみると、分配落後の基準価格が4170円。75円の分配金のうち普通分配金が51円で、元本払戻金が24円。

ということは、おそらく、約定したときの基準価格(4194円)に比べて分配落後の基準価格(4170円)が低いので、その差である24円が元本払戻金。そして残りの51円が普通配当金になるのだろう。

見かけの概算配当率を「配当金すべて(円)×100(%) ×12(月/年)/購入時の基準価格(円)」

実質の概算配当率を「普通分配金(円)×100(%) ×12(月/年)/購入時の基準価格(円)」としてそれぞれ計算しておくと、

見かけの概算配当率 = 75(円)×100(%)×12(月/年)/4194(円) = 21.4(%/年)

実質の概算配当率 = 51(円)×100(%)×12(月/年)/4194(円) = 14.6(%/年)

となる。

元本払戻金が出るたびに徐々に買いコストも下がっていくので、少しづつ増やして行っても面白いのではないかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク