今年のNISA枠、使い切るならお早目に

公開日: : NISAの弱点・注意点

私のように今年のNISA枠が大量に残っているかたもいらっしゃるかと思いますが、もし「なんとしても今年のNISAの100万円枠を使いきろう」とお考えなら、投資信託の場合は特にお早目に買い付けたほうがいいかもしれません。

今年とか来年とかの枠に縛られないで売買することが、もっと大切のように思いますが・・。

SPONSORED LINK

株であれば、今年の大納会12月30日受け渡しになるのが、25日のクリスマスでの買い付け。

一方、投資信託は各銘柄によって約定してから受け渡しまでの期間がバラバラ。さらに、銘柄ごとに取引のできない休場日まであります。

「今年のNISAのつもりで買ったのに、来年のNISAで買っちゃった」ということが十分起こりそうなので、ギリギリに買う場合は、各証券会社の確認の場面をよくみて、今年の買付になるのか来年の買付になるのかもしっかりチェックしておきましょう。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

no image

NISAの口座を別の金融機関に移すときの注意点

NISA口座が利用できる金融機関は一つの金融機関に限られ、当初は一度NISA口座を開設すると5年間(

記事を読む

no image

NISAだから特別分配金でも関係ないが

最近買い増ししたピクテ新興国インカムファンド。いつ減配になっても不思議ではないと思っていたら11月か

記事を読む

今年のNISAは今年いっぱいだが、投資信託の買付は無理しない

まもなく今年もおわり。2015年の年内受け渡し日最終日は12月30日。この日までに受渡しが完了すれば

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑