毎月分配型投信は買う前に、毎月決算時の基準価格の推移をみよう

公開日: : 最終更新日:2016/04/06 投資信託

ラサールグローバルリートファンド(ラリート)に続いて、ピクテ新興国インカムファンド(新興イン)も決算日を迎えた。

普通分配金10円、元本払戻金50円、合計60円の分配金のラリートに対し、新興インは普通分配金65円、元本払戻金10円の合計75円の分配金が出た。

SPONSORED LINK

基準価額はともに4000円前後なので、新興インのほうが若干配当率がよいかな?ぐらいにしか購入前は思わなかったが、前月も似たような数値だったことを考えると(2か月だけで結論ずけるのは早計であるが)、圧倒的に新興インのほうがパフォーマンスがよい。

ざっくり4000円を基準価額として、元本払戻金を除いた普通分配金だけで配当率を考え

 【普通分配金(円/月)】×【12か月(月/年)】÷【基準価額(円)】×100(%)

を計算すると

 ラリートの配当率=10×12÷4000×100=3.0(%)
新興インの配当率=65×12÷4000×100=19.5(%)

と6.5倍!

買ってから気ずくなよと思わなくもないが、投資信託は買ってみないとよくわからない。

ただ、2か月持ってみて気づいたが、毎月の決算時の配当落ち(?)した基準価格と分配金を追えば、前月以前に買ったと仮定した場合の普通分配金と元本払戻金がわかる。

ラリートと新興インで表をつくってみると以下のようになる。
2014y07m14d_210343396

念のために、再度説明すると、a)とb)は決算時の基準価額。c)は前月比で
 c=b-a
で計算される。d)は分配金で、cが0以上になったときは、すべて普通分配金。

cがマイナスになったときは、c+dがプラスになれば、それがeの普通分配金になる。
c+dが0以下のときは普通分配金はゼロになり、分配金はすべて元本からの切り崩したものである元本支払金になる。

g の年換算普通分配金比率というのは、年換算の利回りとして勝手にネーミングしたものだが、
 g=e×12×100÷a
で計算される。

ラリートであれ、ピクテの新興インであれ、気になる毎月分配の投資信託があれば、できれば購入前から毎月の決算日の基準価額と分配金だけはしっかりチェックしておきたい。

【参考】ラリートに3.24%余分に払っていませんか?投資信託、手数料で損をしたくないならこの銀行・証券会社
 ラリートの買付手数料の3.24%というのはあくまで最大3.24%。ネット証券なら、SBI証券、フィデリティ証券などほぼどこでもノーロードの0%。イオン銀行でもNISAなら全額ポイント還元。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

no image

トータルリターンなら、楽天証券の表が一番みやすい!

2014年12月から、投資信託の「トータルリターン通知制度」が始まります。 銘柄ごとに、買付金

記事を読む

東京海上・円資産バランスファンド(愛称:円奏会)の分配金を含むリターンは?

きょう、ある銀行に住所変更に行ってきたんですが、登録してある判子を間違えてしまいました。行員さんに指

記事を読む

ダイワ・US-REIT B為替ヘッジ無 の分配金詳細(2011.6 ~ 2014.6)

大和証券投資信託のダイワ・US-REIT B為替ヘッジ無コースの分配金と運用利回りを調べてみました。

記事を読む

no image

ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(毎月分配型)の分配金は?リターンは?

愛称「ノアリザーブ」、日経新聞掲載名も「ノアリザーブ」。公式ページによると欲張らない投資という、ピク

記事を読む

no image

ラリート、新興イン この10月は特別分配率高し

相場の状況が芳しくないこともあってか、ラサールグローバルリートファンド(ラリート)とピクテ新興国イン

記事を読む

グローバルソブリンオープン(グロソブ)の分配金詳細(2011.7 ~ 2014.7)

グロソブの愛称で呼ばれることの多い国際投信投資顧問のグローバル・ソブリン・オープンの普通分配金と元本

記事を読む

MHAM J-REITインデックスファンドの分配金詳細(2009.9 ~ 2014.9)

毎月50円だった分配金が、突然6.4倍の320円になったみずほ投信投資顧問のMHAM J-REITイ

記事を読む

ダイワ 高格付カナダドル債のリターンを検証(2009.12 ~2014.12)

大和証券投資信託委託株式会社の国際債券型投信「ダイワ 高格付カナダドル債(毎月分配型)」のリターンを

記事を読む

マニュライフ・新グローバル配当株ファンドのリターンを検証

世界各国の様々な業種の企業から、株主還元に積極的な企業を選別して投資するという、マニュライフ・インベ

記事を読む

no image

ラサールグローバルリートとピクテ新興国を買い

NISA 枠は、底値で動きそうもない低位株を仕込んでおこうかと思っていたが、毎月分配型の投資信託が凄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑