スイスフランショック、ユーロ建て投信が心配

シェールガス企業の破たんもびっくりでしたが、それ以上にスイスフランショックは想像を越えていた。

FX会社のアルパリが破綻し、日本の企業もすごい損失を被っているところがあちこちに。

ドルを基準にみるとユーロが10年くらいのボックスを下に抜けたので、

2015y01m19d_225304234

さらに安くなる可能性も高い。

そうなると、欧州のファンドが為替ヘッジしてようがしてまいが、影響は避けられない。

毎月分配型の投信を持つ大きな理由は、年金的な収入を得るためであり、商品の性質上損切の難しい金融商品なので、リスクや通貨も分散させておくのが理想かなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク