SSL3.0 脆弱性対策【動画説明あり】

インターネットの通信の暗号化で使われているSSL3.0に脆弱性(ぜいじゃくせい)があるということで問題になっている。

脆弱性ってなんぞや疑問だが、脆く(もろく)弱い(よわい)性質ということでいいのかな?

ここでは、今開いているであろう、インターネットの画面インターネットエクスプローラーの設定の変更方法を解説します。

SPONSORED LINK

1.画面右上の歯車のような(おひさまのような)マークをクリック

2015y03m07d_122344850

画面の右上にあるページを閉じるときに押す「×」のボタンの下に、最近のインターネットエクスプローラーであれば歯車のようなマークがあります。

カーソルをあわせると「ツール」という表示がでてきます。その歯車のようなマークをクリックします。

古いインターネットエクスプローラーの場合は、左の上のほうに「ファイル」、「編集」、「お気に入り」・・・などが並んでいて、その中に「ツール」というところがあります。

あるいは、キーボードの「Alt」を押しながらアルファベットの「X(エックス)」を押します。すると、

2015y03m07d_124055967

縦にならんだメニューがあらわれるので、下から2番目の「インターネット オプション(O)」をクリック。

2.インターネット オプションの「詳細設定」を開いて、「セキュリティ」を探す

インターネットオプションの画面が立ちあがってくるので、ここまで来るとあとは簡単です(「インターネット オプション」を開くまでが一番難しいです)。

2015y03m07d_124909884

「詳細設定」をクリックして、インターネットオプションの詳細を表示させます。

2015y03m07d_125557691

インターネットオプション画面の右側にある、小さな下向きの三角(▼)を押すなどして、設定のなかの[セキュリティ」を探します。

セキュリティの下の項目のなかに「SSL2.0を使用する」や「SSL3.0を使用する」があります。
左側の四角にチェックが入っていれば、クリックして外します。

その下に「TLS1.0を使用する」があります。こちらは逆の操作になります。チェックが入っていなければチェックを入れます。

「TLS1.1の使用」「TLS1.2の使用」は、あるときとないときがあります。あるときはチェックを入れます。

繰り返すと、SSLのチェックはすべて外して、TLSのチェックはすべていれるということになります。

2015y03m07d_130200961

インターネットオプション下の「OK」をクリックして、コンピューターを再起動すると有効になります。

以下の動画もご参考に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク