投資信託の3種類の手数料

株式の売買に関する手数料は、購入時と売却時にほぼ同額がかかります。取引金額によってその手数料額は決まります。

それに対して投資信託の手数料は3種類で、購入時、持っているとき、売却時にかかってきます。

そして、その手数料は銀行や証券会社によってももちろん異なりますが、それぞれの投資信託ごとに手数料が分かれます。

こちらでは、その3種類の手数料について解説します。

スポンサーリンク

購入時手数料

まず、購入時の手数料です。通常、手数料といったらこの買付時の手数料のことで、これ以外は手数料ではないと言われるかもしれません。

消費税込みで2.16や3.24パーセント、高いものですと3.78パーセントというものもあります。

もっているときは信託報酬

資金の運用をお任せする、信じて託した人達への報酬と考えればいいかもしれません。

年間1パーセント弱くらいで、毎日均等になるように基準価額に反映されるので、手数料がかかっているという感覚は得られないと思われます。

売却時には信託財産留保額

売却時には、基準価額から信託財産留保額がかかります。「手数料はかかりませんが、信託財産留保額がかかります」と説明を受けたことがあるのではないでしょうか?

信託財産留保額そのものは、0.3パーセントなど小さな数字で、ゼロという投資信託もあります。

証券会社ごとに少し確認してみましょう

たとえば、ゼウスの愛称をもつ「新光US-REITオープン」を例に、各証券会社のどこに記載があるのか調べてみます。

SBI証券の場合は、新光-新光 US-REIT オープン(愛称:ゼウス)の真ん中左のほうにあります。

2015y07m25d_222640281

楽天証券の場合は、新光 US-REIT オープンのページを開くと、基準価額の右のほうにかなり明確に表示されています。

2015y07m25d_223032567

「手数料あり」だけじゃわからんと言われそうですが、画面下がって「詳細項目」の中にそれぞれ明記されています。

2015y07m25d_223237874

野村證券も調べてみましたが、新光 US-REIT オープン 愛称:ゼウスのページを見てもわかりませんでした。

2015y07m25d_223543209

この投信の「休場日」がわかりやすいのはとても良いですが。

手数料を比較するなら価格.com

少しでも安く買い物をしようと思ったら、株式会社カカクコムの「価格.com」(舌をかみそうですが)。

なんで価格.comに投資信託があるのかなと思ったりもしましたが、手数料を比較するときはこちらが一番便利です。

新光US-REITオープン 『愛称:ゼウス』のページには

2015y07m25d_224554843

手数料が一覧で掲載されていますので、非常に便利。信託報酬や信託財産留保額も載っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク