NISA口座を楽天証券に開設してみた

NISA口座を楽天証券に開設しました。

そのやりかたと、実際にやってみて感じたことをご紹介します。

YouTubeでも5分ほどで解説しています。動画のほうがわかりやすいとも思いますので、そちらもご参考に。

スポンサーリンク

準備するもの

本人確認書類・・・証券口座を開設したときと同じように、本人確認を再度行うようです。

私は運転免許証にしました。あらかじめ、表裏の両方を撮影してパソコンに取り込んでおきました。

NISA口座開設の実際のパソコン・スマホ操作手順

では、ここから実際の手順です。

楽天証券にログインしたら、パソコンの場合は上のほうに横に並んだメニューの中から、右から3番目にある「NISA つみたてNISA」をクリックします。

スマホの場合は、右上にあるメニューをタップします。

「NISA つみたてNISA」をタップします。

「NISA・つみたてNISA口座申込」の画面に変わったら、「NISA口座を申込む」の青いボタンをクリックします。

「口座の選択」のところで、「つみたてNISA」か「NISA」を選択します。

スマホの場合は、選択したほうのボタンが青枠のものに変わります。

その下に、ご登録情報の確認や申込書の確認などがあります。

一番下までスクロールしていくと「申込む」の青いボタンがあるので、それをタップします。

「本人確認書類の提出」の画面に変わりますが、「パソコンから提出する」か「郵送で提出する」かを選択できます。

「パソコンから提出する」をクリックして、運転免許証の場合は表と裏のファイルを選択して「本人確認書類をアップロードする」のボタンをクリックします。

ファイルの送信が完了すると、受付完了です。

やることは、これだけです。

受付状況を確認すると、STEP2の受領の段階になっているはずです。「NISA口座開設の申込を受付けました」というメールも届きます。

[ads]

申込完了後から税務署審査完了までの流れ

このあとは、NISA口座の開設申し込みから、税務署の審査や実際にNISA口座での買い付けがいつごろからできるようになるのかを記しておきます。

NISA口座での買い付けが2日ほどで可能に

NISA口座での買い付けは申込完了から2日ほどで可能になります。

私の場合は翌日から可能になり、メールや楽天証券内にお知らせが届きました。

NISAのメニューをパソコン上でクリックすると、次のような表示になりました。

税務署の審査が完了するまでは1~2週間ほどかかりますが、その結果を待たずにNISA口座での買い付けができます。

すでに他の金融機関にNISA口座があったりなどのことがなければ審査に通らないということはないはずですが、もしも買付後に審査に通らなかった場合は一般口座で保有することになります。

私の場合は取引ができるようになってから、1週間ほどで税務署の審査が完了したのか開設手続きが完了となりました。

注意すべきこと

最後に、NISA口座の開設で注意しておくほうが良いと感じることを記しておきます(一点だけですが)。

急いで開設しないこと

NISA口座にせよ、つみたてNISA口座にせよ、開設できるのは一つの証券会社だけ。

そして、どちらか(「NISA」か「つみたてNISA」か)一方の口座しか開設できません。

いったん開設すると、そのあとの変更が面倒だったり、時間がかかったりします。

初めてNISAに申し込んだときは野村證券で、開設されるまでに数週間かかりましたが、楽天証券では申し込んで2日ほどでNISA枠を使った買い付けが可能になります。

よく考えてから申し込んでも、全然遅くありません。

以上、ご参考になればうれしいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】
楽天ポイント投資信託購入の実際のやりかた

コメント

タイトルとURLをコピーしました