楽天ポイント&ワンタップバイ投資経過報告2020

2019年の8月から、楽天ポイントを使った投資信託の買付を始めました。

1000ポイント貯まるごとに、毎月分配型の投資信託を買っています。

あわせて、ワンタップバイで同額だけ米国株を買うことにしています。

ここでは、2020年の月々の振り返りをしていきます。

スポンサーリンク

2020年2月末 コロナショック!

2月は歴史的な月になりそう。そうです「コロナショック」です。

下落するときは一瞬に行くものですが、ホントに一瞬。

しかし、まだ下落の一丁目にすぎないのかもしれないです。

レバレッジ取引をしていないから、含み損が増えていくだけで済むのでまだ幸いです。

一気に含み損に

2月は楽天で2,000ポイント、ワンタップバイで2,000円分(3,000円分買い、1,000円分売り)外国株を購入。

元金38,248円で、評価額35,617円、分配金577円、配当金84円。

評価損益-1,970円、損益率-5.15%。

元金2月追加分評価額累計分配金(税引後)税金
投信フィデリティUSリートB5,000 1,000 4,735 15511
GS米国成長株5,000 1,000 4,824 2127
ピクテバイオ医薬品5,000 4,931 2107
累計配当金
OneTapBUYコカ・コーラ2,000 -1,000 2,045 25
マクドナルド2,000 1,947 11
エクソンモービル4,000 1,000 3,194 20
ファイザー2,000 1,000 1,861 8
AT&T3,000 1,000 2,663 20
楽天外国株SPYD8,244 7,388
キャノピー・グロース2,004 2,030
合計38,248 4,000 35,617 66125
評価損益(1,970)
評価損益率-5.14981

売りと買いは、コカ・コーラの売りとエクソンモービルの買い

ワンタップバイで初めて売り注文(笑)

10%以上利益の出ていたコカ・コーラを1,000円分売って、10%以上損失の膨らんでいたエクソンモービルを1,000円分買いました。

気持ちは鞘取りなのですが、本当は先にシミュレーションするべきですね。

売買が25日で、28日に譲渡益税徴収として17円が預かり金から引かれました。

17円を計算したかったのですが、取引報告書がない(私が見つけられないだけ?)ので、どの数字をどうつかって計算すればよいかわかりません。

分配金は税引き後180円、配当金は20円

投資信託の分配金は、まだコロナショックの前だったこともあり、すべて普通分配金。

14,000円の元金(楽天ポイント)に対して180円と、約1.3%も。

元金(2月決算日前日時点)分配金(税引後)税金
投信フィデリティUSリートB5,000 463
GS米国成長株4,000 732
ピクテバイオ医薬品5,000 611
14,000 180 6

配当の20円は、2,000円分のAT&Tに対してのものです。

分配金を初めて引き出し、口座引き落としの足しに

これまでの分配金の総計が、577円。

元々あった預り金と合わせて千円ちょっとになり、保険の引き落としの足しとして出金。

いずれは、光熱費を分配金や配当金だけで支払えるようになろう。

続けられるように無理しないが、収入を増やす方法を試す

相場の格言の一つに「落ちるナイフはつかむな」というのがあるが、落ちてくるところってつかみたくなるんだなぁ。

早い段階でナンピンすると、結局手が血だらけで、下手すれば骨までやられてしまう。

相場から退場しないで投資を続けられるように、無理のない範囲で3月以降も続けていこう。

ただし、それだといつまで経っても元金が増えないので、収入を増やす方法もどんどん試していこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1000円単位投資経過報告
スポンサーリンク
楽天ポイント投信&OneTapBUY米国株投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました