ミヤネ屋 12/22 確定拠出年金のメリット・デメリット

公開日: : ニュース

12月22日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、改正年金法に続いて2017年1月から対象が拡大される確定拠出年金についての解説が。

 

確定拠出年金そのものは毎月分配型の投信とは無関係なものの、個人的にはやはり口座を作るときや毎月の口座管理料がデメリットとして大きい感じかな・・・。

 

SPONSORED LINK

確定拠出年金は自分で作る年金

確定拠出年金とは、定期預金・講師信託などに投資し、年金の形で受け取る資産運用。

 

銀行、信用金庫、証券会社、保険会社などの金融機関の商品の中から選択して運用し、自分に給付がかえってくる。

 

サラリーマンでも個人型に入れるように

確定拠出年金は、個人で加入する個人型と勤務先の企業が加入する企業型の2種類があり、個人型は自営業者しか入ることができなかったが、これが2017年からは、サラリーマンなども入ることができるようになった。

 

サラリーマンや公務員でも、すでに企業型の確定拠出年金に入っている場合であっても、掛け金の限度枠内ならば個人型でも積み立てることができる。

 

掛け金は全額所得控除に

掛け金はすべて所得控除になり、所得がなかったことのようにみなされるので、番組では税金が6万円くらい安くなると紹介されていたが、当然健康保険料もその分下がるでしょう。

 

運用益と受け取り時の利益が非課税

すべての商品が1年決算タイプになるのかわからないが、再投資されるときにその運用益が非課税になるということかと。

 

受け取り時の利益に対する所得税も受け取り方によってはかからないから、この2点についてはNISA枠で積み立てているときと同じなんでしょうね。

 

ただし、退職金として受け取る場合は、退職金と合計して1500万円までが非課税となるので、年金的に受け取ったほうが有利になる場合も。

 

手数料が割高では?

デメリットとしては、当たり前だが商品によっては元本割れのリスクもある。

 

さらに、以前からそうだが手数料が高い。

信託報酬は、投信では当然かかるコストだが、番組では初期加入手数料が2,777円から。この通りだと、一番安くて口座を開くだけでこれだけかかり、口座管理手数料も月々かかる。

 

自営業なら、小規模事業共済のほうが圧倒的に有利だと思うが、NISAもジュニアNISAも、さらに奥さんの国民年金基金も使い切ってもまだ余力があるなら、インデックスファンドを選んで積み立てるのもよいかなぁ。

 

番組内で連呼していたが、もっと勉強してみる必要があるな。

nisa_336

Sponsored Link

関連記事

no image

年100万円からNISA非課税枠が増えるのか?

NISAの非課税枠は現在年100万円で、期間は最長10年間(1年では最大500万円)だが、その枠を広

記事を読む

no image

モーニングスターのファンドオブザイヤー発表だが、マイナス金利で債券型やMRFはどうなる??

テレビ東京のビジネスサテライトをつけながら歯を磨いていたら、ファンドオブザイヤー2015が決まったと

記事を読む

no image

NIKKEI プラス10 AI投資信託とロボット・アドバイザー

6月30日のBSジャパン「NIKKEI プラス10」で、AI投資が紹介。 AI投資には、AI投

記事を読む

no image

ピムコって何の略かなぁと思っていたが・・・

PIMCO(ピムコ)って何かの略かなぁと漠然と思っていたが、ニュースでピムコの創立者(?)で「債券王

記事を読む

no image

トータルリターンなら、楽天証券の表が一番みやすい!

2014年12月から、投資信託の「トータルリターン通知制度」が始まります。 銘柄ごとに、買付金

記事を読む

子ども版NISA(ジュニアNISA)、毎月いくら積み立てる?

金融庁がジュニアNISA創設、税制改正要望で(ロイター)ということで、子ども版のNISA(ニーサ)が

記事を読む

新規投資の投資信託の増え方がすごくない?

6月25日のモーニングサテライトで、新成長戦略のポイントについての解説がされていたが、 アベノミク

記事を読む

no image

美をテーマにした投資信託

9月8日の「ワールドビジネスサテライト」で、国内初の美をテーマにした投資信託・三菱UFJ国際投信の「

記事を読む

シェール企業破綻、MLP関連投信は大丈夫のか?

ちょっと前(2週間くらいだったかな)のモーニングサテライトの原油安ニュースで「シェールガス関連企業の

記事を読む

no image

スイスフランショック、ユーロ建て投信が心配

シェールガス企業の破たんもびっくりでしたが、それ以上にスイスフランショックは想像を越えていた。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑